2018年11月15日木曜日

米倉涼子主演「リーガルV」第4話が第1位!(11月5日~11月11日期間 ドラマ視聴率ランキング)

11月5日~11月11日期間中のドラマを「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介
(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。
11月8日に放送されたテレビ朝日系「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」第4話が
16.5%を記録し、第1位を獲得した。






■第1位 テレビ朝日系「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」第4話(11月8日放送) 16.5% 

【無料配信】「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」最新話を配信中>> 

とある理由で弁護士資格を剥奪された"元"弁護士の小鳥遊翔子(米倉涼子)は、言葉巧みに弱小弁護士らを次々とスカウトし、新事務所「京極法律事務所」を設立。大手弁護士事務所を相手に勝利を懸けた戦いを挑んでいく。 

「峰島興業」の会長・峰島恭介(竜雷太)が病死したあと、200億円の遺産は一人息子が全額相続するという方向で話は落ち着こうとしていた。しかし、恭介の妻を名乗る女性・峰島玲奈(島崎遥香)が斎場に現れ、自分にも遺産相続の権利があると主張。玲奈いわく、峰島会長が亡くなるわずか4時間前に婚姻届を提出したらしい。遺族に"婚姻無効"で訴えられた玲奈は、「京極法律事務所」に弁護を依頼するが――。 


■第2位 テレビ朝日系「相棒season17」第4話(11月7日放送) 15.2%

警視庁特命係の係長・杉下右京(水谷豊)が、自身の下についた相棒とともに超人的な推理力で難事件を次々と解決していく刑事ドラマ。season14から相棒を務める冠城亘(反町隆史)が引き続き登場するほか、元サイバーセキュリティ対策本部の青木年男(浅利陽介)が"3人目の特命係"として加入した。

警視庁の組織犯罪対策第四課による過去最大規模の裏カジノ一斉摘発が行われ、特命係も助っ人として潜入捜査に駆り出される。その際、右京は休業していて運よく摘発を逃れた店舗があることに気付く。そして、摘発を指揮していた組対四課の課長・源馬(中野英雄)が裏で手引きしているのではないかと疑い――。また、第4話は、"シャブ山シャブ子"を名乗る薬物中毒者のキャラクターが強烈なインパクトを残し、トレンドワードにも入るほど話題となった。

■第3位 テレビ朝日系「科捜研の女」第3話(11月8日放送) 13.5%

【無料配信】「科捜研の女」最新話を配信中>>

1999年のスタート時から根強い人気を誇り、現行のテレビドラマではもっとも長く続いている人気シリーズ。京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を中心とした研究員たちが、法医や物理などの専門技術を駆使しながら難事件の解明に挑む。

15年前に土門(内藤剛志)が逮捕した男・飯沼和郎が遺体で発見される。マリコらは、飯沼が出所してからの動向を防犯カメラ映像で探っていたが、その中に土門と謎の美女がラブホテルに入っていくところが映っていた。土門いわく、彼女は15年前の事件の関係者らしく――。

■「下町ロケット」、「SUITS/スーツ」と続く

【無料配信】「下町ロケット」最新話を配信中>>

第4位には、TBS系「下町ロケット」第5話(12.7%)。続いて、フジテレビ系「SUITS/スーツ」第5話(11.8%)が第5位となった。

前週は放送休止だった「リーガルV」が第1位を獲得したのを始め、テレ朝ドラマがトップ3を独占した。今クールも中盤にさしかかっているが、他局のドラマによる巻き返しは見られるか。

(文/山内光太郎@HEW
出典:株式会社ビデオリサーチ(ビデオリサーチ調べによる「関東地区」「番組平均世帯視聴率」より)







https://trendnews.yahoo.co.jp/archives/594535/




2018年11月14日水曜日

【島田晴香 instagram】インスタストーリー








https://www.instagram.com/shimadadesu_official/


【モデルプレスアプリ限定/読者投票受付中】ぱるるに投票しよう~



【モデルプレスアプリ限定/読者投票受付中】 年末恒例の
今年は読者アンケートを実施!
「あなたが来年ブレイクすると思う
俳優/女優/モデル/アーティストは?」
たくさんのご協力お待ちしています! 【iOS】 【Android】




https://twitter.com/modelpress/status/1060102516078141441









島崎遥香:透け感スカートからキュートに脚見せ シャープなアクセで【毎日キレイ】










アイドルグループ「AKB48」の元メンバー、島崎遥香さんが8日、東京都内で開催された映画「ニセコイ」(河合勇人監督、12月21日公開)のスペシャルステージイベントと完成披露舞台に登場。透け感のあるレースワンピースから、キュートに脚を見せたいでたちだった。
 島崎さんは、長袖の黒いミニワンピースのような洋服の上に、赤いレースのワンピースを重ね着したいでたち。長い髪を一つにまとめ、レースアップシューズ、イヤリング、チョーカー、バングルをシルバーカラーのシャープなデザインでまとめていた。
 イベントには人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さん、中条あやみさん、池間夏海さん、「King & Prince」の岸優太さん、DAIGOさんも登場した。
 「ニセコイ」は、2011年11月~16年8月にマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で古味直志さんが連載していたラブコメマンガで、コミックスの累計発行部数は1200万部以上を誇る。実写映画は家庭の事情で嫌々付き合うことになった“偽恋(ニセコイ)”カップルの日常が描かれる。


毎日キレイ
https://mainichikirei.jp/article/20181113dog00m100012000c.html






2018年11月12日月曜日

映画『翔んで埼玉』予告編 /2月22日(金)公開













【【公式】今日から俺は‼︎ instagram】インスタストーリー




https://www.instagram.com/kyoukaraoreha_ntv/






【今日から俺は‼︎twitter】東京ボーイズこわかったね〜な⑤話、仲良しだったオフショットで和んで下さい😌





https://twitter.com/kyoukaraoreha_n/status/1061729195410128896






2018年11月10日土曜日

【池間夏海blog】DAIGOさん 中条さん 島崎さんと お写真撮っていただきました☆彡






昨日、
映画『ニセコイ』のアリーナイベントと
完成披露試写会が行われました!!



ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!



たくさんの方に来ていただいて、緊張しましたが
とても楽しい一日でした😊



DAIGOさん
中条さん
島崎さんと
お写真撮っていただきました☆彡







キャラクターも超個性的で
ストーリーも超異色な、
とても面白い映画なので、
ぜひ観に来てください!!

12月21日公開です!


よろしくお願いします⭐️







https://ameblo.jp/natsumi-ikema/entry-12417884202.html



2018年11月9日金曜日

【DAIGO ‏ twitter】昨日は映画ニセコイの舞台挨拶でした!!あやみちゃん、池間ちゃん、ぱるると!



昨日は映画ニセコイの舞台挨拶でした!! 好きでもない同士の二人がとある事情でカップルになって偽物の恋を演じなければいけない。がその後!? という映画です!12月21日公開です! 昨日はケンティーとキッシーの間でシンデレラボーイになった気分でした! あやみちゃん、池間ちゃん、ぱるると!






https://twitter.com/Daigo19780408/status/1060804942405849088


島崎遥香、King & Prince岸優太がツボにハマる Sexy Zone中島健人「通じ合ってる!?」<ニセコイ>





【島崎遥香/モデルプレス=11月8日】女優の島崎遥香が8日、
都内で行われた映画『ニセコイ』(12月21日公開)の
アリーナスペシャルステージ&完成披露舞台挨拶に、
中島健人Sexy Zone)、中条あやみ、池間夏海、岸優太King & Prince)、
DAIGOらとともに登壇した。

性格が合わず「絶対に無理!」という2人が“ニセコイ”を始める物語にちなみ、
絶対に無理なものについて話題が及ぶと、岸は「お金を触った手で、
そのままみかんを食べる」と1発目から早速独特な回答。
これには自身について「テンションが低い」と語っていた島崎も思わずクスリ。

岸が「意識してやっちゃってる自分もいるんですけど…僕はグミのときなんですけど」と反省すると、中島はすかさず「やってるの!?」とツッコミ。
岸は続けて「けど!けど、それはレディーは…。
“あ~ん”とか、その手でしてほしくない」と断言すると、
島崎は「あはは!」と声に出して大ウケ。会場の空気に、
岸は「えっ、シチュエーション間違ってます!?シチュエーション自由ですよね?
フリースタイルですよね?これ」と大慌て。
中島に「意味わかんない(笑)」と言われると、
「だからぁ、小銭触った手で、みかんとかそのまんま気づかず食べちゃう。
手洗わずに…しないですか?」と訴えかける岸だったが、誰からも共感は得られず。

その後、島崎の番になると「私、お金触った手で、おにぎりとか食べられない…(笑)」とコメント。岸は「いや、パクらないでください、人のネタ!!」と素早くツッコミ。
島崎は「お金嫌だよね(笑)。あとマイクとかも嫌じゃない?」と続けると、
岸は「あぁ!あと吊り革とか…」と賛同。
中島は2人のやりとりに「なんか通じ合ってる!?なんのシンパシーだよ!」と笑っていた。



同作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2011~2016年まで連載され、コミックスのシリーズ累計1200万部を突破した古味直志氏の同名コミックを実写映画化。

極道一家の一人息子・一条楽(中島)と、ギャング組織の一人娘・桐崎千棘(中条)が、性格真逆で相性最悪にもかかわらず、お互いの組織の抗争を鎮めるために“偽物の恋人=ニセコイ”を強制的に演じさせられることから始まるブッ飛んだハイテンションコメディ。島崎は、楽と10年前に結婚の約束を交わしていた謎の転校生・橘万里花を、岸は楽の親友で女の子が大好きなお調子者・舞子集を演じる。(modelpress編集部)


モデルプレス
https://mdpr.jp/cinema/detail/1803618